カーペントハウスとは

自動車の車検や整備、板金塗装を行う中部運輸局長認証工場として、日々、整備技術の向上に努め、充実した設備を完備しております。カスタムやドレスアップ、エアロ加工、内装リペア、バイク塗装だけでなく、新車をコンプリートしたコンプリートカーの製造販売なども手掛けております。お客様のこだわりやご要望を理解し、それに答えるべくデザイン力にもご定評をいただいており、数々のカスタム雑誌にも制作例が取り上げられております。お車のことなら何でもカーペントハウスにお任せください。 アフターフォローも万全に対応させて頂きます。

中部運輸局認証工場

カーペントハウスには、一般整備や板金塗装に関わる技術だけでなく、お客様のことをよく理解し、お客様のこだわりにお答えするデザイナー「カスタムパフォーマー」が在籍しております。

カスタムパフォーマー

カーペントハウスには、一般整備や板金塗装に関わる技術だけでなく、お客様のことをよく理解し、お客様のこだわりにお答えするデザイナー「カスタムパフォーマー」が在籍しております。

掲載雑誌の紹介

スタイルワゴンクラブ2013 6月号

エスティマ(平成18年式・ACR50)

オーナーさんの自分らしさのスタイルを貫くため、ボディーカラーは純正色のホワイトパールを活かし、フェンダーもあえて純正を採用。そして、Tセレクションのエアロをフル加工。オーナーさん自ら描いたデザインを寸分の狂いもなく表現。トミーカイラのデイライトや前に突き出した別体風リップ、リアバンスはマセラティ・グランツーリスモをイメージし、個性を見せつける仕上がりとなりました。

【スペック】
ホイール:リバーサイト・トラフィックスターRTM(20×F8.5J+41,R9J+35)
タイヤ:ナンカン・ウルトラスポーツNS-Ⅱ(225/30)
エアロ:F/S/R=Tセレクション・エスコンプエディション加工
エクステリア:ヘッドライト=純正加工、デイライト=トミーカイラ、サイドデカール=ワンオフ
インテリア:シートカバー=ベレッツァ、オーディオ作り込み
サスペンション:エアサス=ACC
マフラー=ワンオフ

スタイルワゴンクラブ2010 11月号

エリシオン

エリシオンの持つクルマ本来の実用性や純正らしさを残しつつ、インチアップやローダウン、ドレスアップを行いたいというオーナーさんの意向をデザインしてみました。

スタイルワゴンクラブ2010 2月号

エスティマ(平成13年式・ACR30)

ランボルギーニ・ガヤルドの純正オレンジによる全塗装をベースに、フルエアロ、オーバーフェンダー、そして低車高で作り出すVIPスタイル。ケイブレイクとモードパルファムの16アリスト用を合わせたバンスポなど、ディテールも徹底した作り込みを行った逸品。

お問い合わせ先

お車に関するお見積りやご依頼、ご相談は、お気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせは平日10時00分~19時30分までの受付になります。
※メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

TEL:0586-81-1491  FAX:0586-81-1492
MAIL:carpenthouse@gmail.com